運営者プロフィール

profile-225x300

私は、日本の8割型を占めるという普通のサラリーマンでした。

・人と同じが当たり前
・新しい考えや思考全くナシ

工夫の無い生活を送っていました。

若くして組織の本部に配属され、
男性が多い職場で仕事してたくさんのことを学びました。

もちろんその頃は、食や健康に関しては無知だったため、
健康=ダイエット的な発想しかなかったですね^^;

毎日厚化粧とストッキングにスカートにミュール、そして髪もバッチリ染めていました。

朝ごはんも食べない日が多かったです。

食べても、途中のコンビニでおにぎりや菓子パンを買って食べるという始末。。。。

日中も男性職員さんにたくさんのお菓子やデザートを頂いていたので、
今思い起こせば、本当にグダグダな食生活でしたよね・・・・

夜は飲み会が多く、季節に関係なくビールを飲んでいましたね。。。。

飲み会での会話は、みんな愚痴ばかりだったのを覚えています。

「あいつはだめだ」「あのやり方ではうまくいかない」などなど。。。。

”全く興味なくても行くことに意義がある”という、
悲しいサラリーマンの飲み会に日々強制参加させられていました・・・・

そして、飲み会のシメは博多ラーメン・・・・
(今は豚骨は産業廃棄物って知ってます^^:)

そんな冬の夜中でも、OLはいつも薄着(笑)

今思うと、完全に女性として産む力を失うような生活ですね。

もちろん冷え性ですぐに風邪を引くし、体調悪くなるし、
そんな食事をしていたせいか、性格もマイナス思考だったように思います。

肌も荒れているし慢性の便秘で、当時の私の体は、今よりもきっと老けていたんだろうな~~~

って思いますね。

支店への異動が決まり、結婚することが決まったくらいから、
マクロビオティックと出会いすぐに虜になりました。

完璧には出来なかったものの、小さなことを実践していく中で、
体は素直に反応して変わっていったように思います。

今では、家庭では一切お肉・お魚は食べないようになりました。。

主人もそれに対して不満は無いようです。

むしろ主人の方が「どこの魚は駄目だ!」「肉は走る豚でないと買うな!」
「安物を買うな!」「加工品は使うな~」と、食にはコダワリが強いんです^^:

そして、生活面では、テレビ、炊飯器、エアコン、電子レンジ等は無くしちゃいました。

無い暮らし、持たない暮らし、、、とても快適です。

なので、子育ても100%で挑みます(笑)

とある夜の日に、こんな出来事がありました。

「ご飯作るからちょっとTV見てて~」と言ったときのこと、、、、

娘は10分程度テレビを見て、すぐに消したんです。

すんごく驚いた私は「何で消したの?お母さんと一緒見てなかったの??」

と聞くと、

「”もったいないおばあちゃん”来るし!お料理手伝うよ!」

と言われちゃったのです。。。。
(”もったいないおばあちゃん”とは、お水出しっぱなしやテレビつけっぱなしのときに来るという架空の存在です。。。)

テレビを見せる習慣をつけていなかったので、
テレビを見れない子になっていました^^:

なので、テレビが無くても、自分でたくさんのおもちゃを出したり、お庭に出たりして楽しく遊んでます♪

親の支持を仰ぐ子ではなく、自立した遊びができる子にできてよかったな~と今では思えます^^

そのほかにも、お風呂場にも石鹸がなくなりました。。

たまに重曹やお塩、精油などを入れて楽しんでいます^^。

用途別洗剤なんて全く不要です。

食の大事さに目覚めてから、家庭で食にこだわった食事をすることはとても簡単だったのですが、子供が保育園に行きだして大きな不安を感じるようになりました・・・

何度も給食の改善要求を文章や資料を作成して園長先生に提出しました。

でも、私だけの力では全く給食は変わらず、むしろ出て行ってほしいという園長先生からの直々のお願いをされたり・・・と途方にくれる時期もありました。

その頃から、”どうにか子供達の食環境を整えたい!!”と思い、いろんなお母さん達と会い、形を作ったり、生産者さんと会いどうにか良心的な値段で提供してもらえないかと活動を始めたのです。

たくさんのお母さん達が子供を生んでから大きく変わっているのです。

食に気をつけるようになっているんです。

しかし、悲しいことに有機やオーガニックと言われる食品は、
とてつもなく高くて良い物を買う生活は長く続けられないという現状だったのです。

たくさんの本を読み漁り、日本のオーガニック市場を調べると、なんと市場の1割以下だったのです。

しかも、その1割の80%くらいが5~60代の家庭がステータスでオーガニック商品を買っているという現状だそうで・・・・

驚きでした。

子供にこそ食べさせるべきものを・・・・

しかも、市場も値段を上げるだけ上げて弱いものいじめのようだ・・・・

どうにか良い物を良心的な値段で買える方法はないのだろうか・・・・

と、そこで考え付いたのが「my農家制度」でした。

ヨーロッパやアメリカの田舎では、当たり前に行われている契約農家さんを日本でも普及させたい!と思ったのです。

購入希望者は年間を通して何がどれくらい必要かと数字に落とし必要な物を年間契約します。

たとえば、お米なら4人家族で180キロかな~とか。すると生産者も生産量を把握できて在庫に悩む必要がなくなります。

お野菜で言えば、お店等にだせないB級品と言われる物。

例えば、ちょっと曲がった野菜や傷の付いたもの、二股になった大根など・・・・

たくさん廃棄していたそうですよ・・・・

思いが強く、種取りをしたり、無農薬で作っていたのに、、、、、

それなら、それら(出荷できないもの)を包装もせずに、
そのまま箱に詰めて配送してもらえないか!と提案したところ、OKを頂ました^^

そして、たくさんのお母さん方達から熱いエールが届いたのです^^

形なんて関係ない、子供に食べさせるもので最も重要視するのは安全性だ!!ってね。

そう言っていただいて本当に良かったです。

ということで「my農家制度」は、両者に多大なメリットがあり、素敵なことだと実感しました^^

そして、今後始まるかであろうTPPの問題等も起こりうるとすればこの制度以外ない・・・とも言えるくらい大きな制度になるのではないかと自負しています。

なぜかって???TPPになったら遺伝子組み換えの表示は罰則を伴うとのことでした^^:

遺伝子組み換えかどうかは特許を取ったことによるものなので、表示をしてはならないということだそうです。

もちろん遺伝子組み換えを多く食べたラットがどうなるかは動物実験済み。

大きな腫瘍ができてしまいっています。

それ以外にもたくさんの海外の安い生産物が入ってくることで表示を全て読んでも分からないというものは増えていくと思います。

土地勘が無い物や遠い海外のものはどういう工程で作られているのかなど全く想像付かないですよね。。。。。

国の表示さえ不安要素であるのなら、私達が本物を作る生産者さんを買い支えたい!!と思います。

そして、本物の農業を私達の孫の世代まで継承してほしいですね。

今後は、九州を日本のオーガニック市場にすべく大きく活動していきたいと思いますので、是非今後もKimamaCLUBをよろしくお願いします!!!

イベントの時だけ、ステータスでオーガニックを。。。ではなく、日々の食卓が当たり前にオーガニックであるように。。。。

良いものを安く提供できるように日々努めたいと思います!!!

 

KimamaCLUB 中園由紀子

 

更新日:

Copyright© kimama club 「my農家制度」のキママクラブ , 2017 AllRights Reserved.