日々のこと

とびひの対処法

更新日:

とびひって本当にしつこくってなかなか終わらないですよね。

子どもは特に掻き毟っちゃうしどんどん悪化する。

さらには登園禁止なんてことにもなってお母さんとしては早く治してあげたいですよね^^:

 

とびひとは、毎年暑くなってくると皮膚疾患の代表として,みずいぼ・虫さされ・あせもなどとならんでとびひが増えてきます。
通常は,怖がる必要のない皮膚の疾患です。
『とびひ』の原因
黄色ブドウ球菌(一部は溶血性連鎖球菌)が, 掻きこわしたりして傷ができた皮膚に侵入して「とびひ」になります。
6~10月頃の暑い時期に,おもに0~6歳くらいの小児に多くみられます。
暑いと皮膚には湿疹・あせもなどが増え,こどもはこれを掻きこわします。
また暑くなると,皮膚表面の黄色ブドウ球菌もどんどん増えてきます。
これが,夏場に「とびひ」が多い理由です。
アトピ-性皮膚炎などがきちんとコントロ-ルされておらず,皮膚のバリアが壊れているこどもは, 「とびひ」になりやすいといえます。
症状としては、赤みを帯びた,ジュクジュクしたおできが増えてきます。
放っておくと全身に広がり,抗生物質の軟膏だけではいつまでたっても治りません。
全身に飛ぶように広がるのでとびひと言われます。
「とびひ」は他人にうつると誤解されていますが、厳密に言うとうつりません^^
 「とびひ」の原因となる黄色ブドウ球菌は,常在菌といって誰の皮膚にも必ずいます。
 肌の触れあう機会の多いこどもたちは,風邪のウイルスと同様に, 黄色ブドウ球菌などの細菌も常にやりとりしています。
うつされた細菌が皮膚の表面にいるだけなら問題ないのですが, 皮膚を掻きこわすなどして,皮膚のバリアが壊れたところから細菌が侵入してしまうと「とびひ」になります。
だから厳密には黄色ブドウ球菌はうつるけれど、とびひ自体がうつるわけではないのでご安心ください♪
ということで黄色ブドウ球菌は常在菌(お味噌教室のときもお話するみんなが持っている常在菌です^^ )なのでとびひを理由に登園を禁止する必要は本当はないんですね^^:
 プールもしかり。。
プ-ルの塩素の働きで, プ-ルの中では細菌感染は,むしろ起きにくい可能性さえあります。
ただ,見た目があまりにも・・・・・なので控えた方がお互いのためにいいこともありますよね^^:
入浴は,皮膚を清潔に保つという点から,毎日OKです^^
ということでとびひになったときのわたしの対処法は以下のとおりです。
★☆準備するもの☆★
オウバク末、オウバクマツ、黄柏末
ひまし油
ガーゼ
テープ
①オウバクマツの粉とひまし油を混ぜる
②患部に塗る
③ガーゼで覆う
④色がつくのでテープなどで囲む
あるいはひまし油を塗ったあとにオウバクマツをふりかけてもOK!!
・・・・・
簡単すぎる~~~!!!!
ひまし油は何にでも効果ありで本当にすごいんですよ~~

1)小腸と大腸の壁を綺麗にクレンジングする

2)子宮の内部の汚れを綺麗にクレンジングして、内膜を綺麗にする

3)リンパをクレンジングするので、リンパが詰まっているところに塗布すると良い

4)怪我で出来た傷ついた細胞を修復するので怪我の部分に塗布して温めると良い。

5)毒素を排除する。

6)便秘の解消

7)点眼可能( ドライアイに最適)

8)不妊や生理痛にも

 

それをおばあちゃんに言うと、

そうよ~

おばあちゃんが小さい時には便秘したら必ずひまし油を飲まされよったとよ。

家庭用医療薬でどこにでもあったと。

戦時中は燃料が足りないけんって没収されよったとよ。

ばってん、お母さん達はひまし油の力を知っとったけん隠し持っとったよ。

 

と。。。。。。

なんの燃料に使うのやら。。。。。笑

ということで脱線しましたがとびひはひまし油とオウバクマツエキスで乗り切ってみましょう♪

ひまし油は何にでも使えるので一家に一本あれば便利ですよ^^

 

中耳炎もユキノシタで完治させましたが、こういう風にお手当てで子どもを守っていきたいですね♪

 

 

 

酵素や玄米スープを飲ませると体内から再生を促せます。
もちろん白砂糖や添加物は控えておいた方がいいですね。

 

商品購入

商品購入

-日々のこと

Copyright© kimama club 「my農家制度」のキママクラブ , 2017 AllRights Reserved.