BLOG

本物志向で節約生活 №1

更新日:

お久しぶりです(*´▽`*)

最近忙しいことを理由に育児を怠けていたら娘息子どちらもお母さんよりもお父さんっこになってしまいとても寂しい毎日を過ごしております。。。。

お父さんお父さんと言われお母さん肩身狭い気持ちです( ;∀;)・・・・

今回やっと書かせて頂く内容はオーガニックで節約生活第一弾!!です(*´▽`*)

オーガニックとか生活費上がるんじゃない??と思われがちですが相当な節約になります。
木を見て森を見ず・・・・という感覚になりがちですが大きな視野で見て感じて頂きたいです(*'▽')

まず第一回目のテーマは調味料の代表格でもある醤油!!!!!!

これは主婦としてはすごく重要なポイントとなるものですね。
毎日大量に使うから。
1円でも安い調味料を購入したいところ。。。。。ですが((+_+))

お安い調味料は大体◎◎風調味料なんですね。
風ってどういうことよ!!
ってそのままです。

例えば醤油風調味料。
醤油みたいな調味料ってことで、一般のスーパーはこの醤油が占めていると思います。
短期間で発酵をしたかのような製造方法の醤油に水や化学物質を入れてかさ増ししたものをいいます。
シンプルに言えば
醤油ではない
・・・・・ということ(爆)

では何なのですか??
なので
醤油風調味料 醤油のような味を化学で再現した化学調味料・・・・
としか言いようがないですね。

こういう「風調味料」を使うと毎日のお料理が全て化学物質で味付けされていることになります。
何度も言ってきましたが化学物質=石油=薬 なので毎日石油を摂取している、薬を摂取していることと同じだということですね |д゚)ゾゾ~~~

いくらおうちでお料理しているから安心‼‼と思っていても化学調味料を使っていてはちょっと残念。。。

だって化学調味料だから(笑)
企業もちゃんと化学調味料とうたってますからね。
毎回お伝えする内容はシンプル。
「原材料が最も高い。
規格大量生産できる化学物質が最も安い。」
早い時短安い簡単というワードには大体化学が関与しています。
素晴らしい現代の文明ですがここに頼っては長生きはできなさそうですね_( _´ω`)_

とっても簡単!!だしの素をさらさら~~っと入れるだけヾ(≧▽≦)ノ🎶
的な宣伝が一般社会では当たり前~~~🎶ですが、ここが当たり前になるともうもとに戻るのが難しくなります。。。

なぜなら舌がアミノ酸舌(勝手に命名しました)になってしまうからです。
科学的に作られたアミノ酸は脳にビビッと強い刺激を与えます。
普通の人は食べたら舌がびりびり痛くなることもありますが慣れてしまえばどんどんもっともっと強い刺激(濃い味)がほしくなります。

ということで乾物の椎茸やいりこなどを戻したお出汁では味がしない!!なんて思っちゃうこともあるのです。

でもお出汁はお出汁。
味がないのが当たり前。
お出しはいりこの風味、椎茸の香り、などといった奥深いもの。
このお味噌汁はいりこの出汁??
このお浸しはかつお節??
という風にお料理を食べてなんの出汁が使われているのかわかってしまう、私たちの舌は本当にすごかったのですね(*´▽`*)

一般に販売されている天然お出汁は◎◎エキスやタンパク加水分解物が入っていることがありますがそれらは化学物質と同じものなので毎日摂取していると舌がその味に慣れてしまうのでお気を付けください。

醤油風調味料の方がお安いですがよく考えて下さい。
それは水で薄められています。
それはお醤油ではないです。
それは化学調味料といいます。
安いのになぜか原材料が多く入っています。
the-other-side-of-food-2

熟成期間は4~5か月と言われています。
発酵というよりも腐敗します。

ちょっぴり詳しい内容・・・・
使われている食塩は精製塩。
一般の人はこれだと減塩しなきゃって思いますね。

脱脂加工大豆はほぼ遺伝子組み換えです。
大豆をすりつぶして脂肪分を抜いた搾りかすってやつです。
その油はバイオエネルギーや大豆油として使われます。
脱脂加工大豆は海外の家畜の飼料となったり、日本の味噌醤油と言った調味料の原材料にばけます。
え~~っと、、、家畜と一緒???
大豆をすりつぶして作るバイオエネルギーがほしいので搾りかすである脱脂加工大豆は副産物であり、日本人のために再利用されています(*´з`)~~~泣いちゃう~~!!

本物の醤油は
昔からの微生物たっぷりの木樽で作られています。
熟成期間は1年~2年なので発酵食品であり、その歳月を樽の中で生きています。(お醤油の場所代を賃料として考えたら安い!)
生きているので蓋を開けたらまた発酵が始まります。
材料はシンプルに大豆・天然塩・小麦の3種類

一般的に考えて使う原料が多いほど価格が上がりそうですがそうではないのが摩訶不思議ですね。

美味しいお醤油に慣れると子どもたちは醤油風調味料にすごく反応します。
うちの子たちは
甘い!変なにおい!!
という言葉で表現していました。

ということで醤油ひとつからでも良いものに変えればなんとも不思議、今までドバドバ使っていた醤油風調味料とは全く違い小匙1でも味がしまる!!
良い調味料はドバドバ入れなくてもちょっとの量で味がしまる!!
そして醤油風調味料は食べたらのどが渇きます。
食塩や化学物質が含まれているからです。

卵かけごはんに出汁醤油???
いやいや。。。
本物の醤油をちょっと入れるのが絶対美味しい!

本当です。
体感してくださいね(*^^*)

お醤油って日本の最高の伝統食&発酵食。
お醤油ってすごく身近だけど醤油風調味料ではなく普通の醤油ってスーパーで見たことありますか?????

このお醤油に変えると「もったいないから少なく使う」のではなく「美味しいからちょっとで済む」のです(*´▽`*)
本物のお醤油を使って本物の日本食を子どもたちに伝えていきたいですね(*^^*)

ちなみにkimamaclubのお醤油は美味しくてお手頃お値段です。
薄口醤油なんてすごいこだわりで、原材料4つだけ。大豆・塩・小麦・米!!
この米が生の火入れしていない甘酒なんですよ~~~(^O^)/
すごいですよね。
こんな風に現代に残して下さって本当に感謝感謝です。
薄口醤油っていいやつないよね~~~ってあきらめていた私。。
出会ったときに「あなたに会いたかったの~~~~!!!!!」っと、とっても感動でした(^^♪

数字で表すことはできませんでしたが醤油風調味料から本物の醤油に変えれば化学調味料から本物の調味料に変わるので病気にすらなりにくいです。
病気にならないのが一番の節約なので、節約!!(笑)
びっくりすぎる雑なしめですが本当に節約になりますので是非本物のお醤油を毎日の食卓で使って頂きたいです(*^^*)
安物買いの銭失いにはならないよう、本物志向で生きていきたいですね(*'▽')

kimamaclubのお醤油
濃口醤油
http://kimama-club.shop-pro.jp/?pid=100877244
薄口醤油
http://kimama-club.shop-pro.jp/?pid=100877854

たかがお醤油って思いがちですがお醤油って私達のご先祖様方が考えて作って下さったありがたい保存食です!!

お醤油やさんも本物の醤油だけでは売れないので大体の醤油やさんが醤油風調味料と本物の醤油の2種類を作ってあります。
泣く泣く。。。。です。

今までは樽も1種類で作れていたのに、世の中が醤油風調味料が一般的になってきたのでそちらをオリジナルで作られるお醤油やさんが増え、樽を分けて作ってあるのです。
今は醤油風調味料が醤油界の8割を占めると言われています。
でも今私達が本物の醤油を使い子どもたちに本物の醤油の味を伝えていくことが大切ですよねヾ(≧▽≦)ノ

まさか??と思ったらご自宅のお醤油見てみて下さい!!
原材料が3つ以上あればそれは・・・・・きゃ~~~(/ω\)(ホラー映画風)

ラブイズアクション!
たかが醤油と思うなかれ!
醤油は文化で歴史で薬です!

7867ec98.jpg

私が大好きなもったいないおばけ・・・
今あるものに感謝。
「何でもかんでも安い早いって化学物質とって病気になったらもったいないよ~~~~」
って言ってます(たぶん。。。)

最後に言えるのは(しつこい??)
本物のお醤油を買う人が増えれば醤油風調味料は減っていく

普通のスーパーでも本物の醤油を置いてくれるようになる

本物の醤油を作って下さる醤油やさんが喜ぶ

海外から安い脱脂加工大豆を輸入しなくてよくなる

日本の大豆生産量が上がる(⋈◍>◡<◍)。✧♡
(大豆農家さんが増える~~!!)

嬉しいですね(*'▽')
自給率まで上がりますね🎶

私のこの活動を通しての未来へのテーマは子どもたちに残す日本をどう創っていくかです。
なので日本の大豆生産量が増えたら自給率も雇用も上がるので子どもたちの未来に光が見えます。
そして健康を維持できます。
昔は当たり前だったことが今では特別でおかしなことを言う人という扱いです。
どうかどうか、醤油風調味料ではなく、醤油を使うことを当たり前に戻していきましょう( ◠‿◠ )

 

商品購入

商品購入

-BLOG

Copyright© kimama club 「my農家制度」のキママクラブ , 2017 AllRights Reserved.