BLOG

香りを考える

更新日:

香って今すごく問題になっているってご存知ですか???
香り成分は今やどんどん広がりたくさんの分野で活躍しています。
衣服からの香り、住宅の中での香り、日用品などからの香り、食品からの香り。。。
 
旨味を伝えるためだったり、空間を香りでさわやかな気分にしたりとどの香料もその商品に対して重要な役割を担っています。
でもその香りブームで、不快な気持ちや体調の不調を唱える方が増えているのです。
それらのことを「香害」と呼び、数年前から消費生活センターへの「柔軟仕上げ剤に関する相談」が急増しているとのことでした。
 
柔軟剤の匂いを感じ職場でめまいがした
家の中の匂いで吐き気をもようした。
電車の中でたくさんの人の洗濯の匂いで立っていられなかった。
 
などなど。
数え上げればきりがないほどとのことでした。
 
最近では都内の進学塾では柔軟剤の香り付きの物を使用している場合は入室お断り、、などという塾も相次いでいるそうです。
香料と一言に言ってもその香料が何からできているのか。。。今こそ考えなくてはならない時だと思います。
もしその香料が化学物質から成るものだったら??
洗濯したての衣服に化学物質を付着させて何時間も肌から吸収される状況であると考えるととても恐怖です。
香料に直接接触しなくても柔軟剤の匂い、整髪料、化粧品など複合的なにおいが漂う空間にいると息も吸えなくなることもあり、ひどい場合は頭痛や喘息、皮膚炎を起こす可能性もあります。
テレビでよく見るお店の洗剤コーナーに行けば大量に陳列されている合成洗剤の成分は、細胞膜を溶かし、本来皮膚から入らないはずの物を体内に浸透させます。
洗濯ものに残って皮膚から入れば肌荒れやただれの原因となり、食器などに残留して口から入れば肝臓に障害を与えます。
トイレに芳香剤を置けば毒ガス室で用をたすのと同じようなこと。。。
香料が入った調味料を使えば舌がびりびりした後にのどが渇いて仕方なくなります。
たかが香りと思いがちですがその香りという化学物質を日常で肌につけておく危険性を十分に感じて本当にその香りが必要なのかよくよく考えたいですね。
綺麗好き、除菌が大好きな現代日本人。
除菌をすればするほど自分の大切な大切な常在菌は死滅します。
 
本当に必要な物は綺麗にしすぎることよりも泥んこまみれになって遊んで免疫を付けること・・・・
なのではないかな。。と感じています。
 
生まれてすぐにアレルギーアトピーになる子たちが増えていく中、大気も水も汚染されて、空気さえも科学的な香りで汚染されてしまうともう逃げ場がなくなります。

空気バーなど新鮮な空気を吸えるような部屋ができるかもしれないですね^^:
 
空気を守って。
その洗剤が川へ海へ流れるということを理解して、母親である私たちがしっかり良い物を選択してういきたいですね。
 

kimamaclubがお勧めするのはバイオ分解されて水に戻る 松のちから http://kimama-club.shop-pro.jp/?pid=104575004
や、べびーまぐちゃん
http://kimama-club.shop-pro.jp/?pid=111336790
これは画期的で衣服にマグネシウムを付着してくれます!
時代がまだ追い付いていないですがこれから大ブレイクするのはマ間違いなし♬

私の家には石鹸一つもありませんが、匂いも石鹸という有機物ももう卒業しました(*^^*)

 

商品購入

商品購入

-BLOG

Copyright© kimama club 「my農家制度」のキママクラブ , 2017 AllRights Reserved.