kimama club 「my農家制度」のキママクラブ

『my農家制度』とは、生産者から直接“良いもの”を“安く”購入できるシステムです。

BLOG

遺伝子組み換え食品が含まれている可能性が高い食品

更新日:

遺伝子組み換えではありません」という表示を見て、「これは安心!」と買い物をしていませんか?実は、その表示があっても遺伝子組み換え原料を使用した商品があるのです。

というのも、日本の現在の法律では、表示する必要のないもの(油や醤油など)や、含まれる量が5%未満であれば「遺伝子組み換えではありません」と表示することできるからなのです。今まで安心だと思っていた食品にも、知らず知らずのうちに遺伝子組み換え原料が使われていた可能性が大きいのです。

 

一方、欧州連合(EU)ではすべての食品や飼料、さらに添加物までを対象に、遺伝子組み換えの表示基準を0.9%と厳しくしています。このため、日本で「遺伝子組み換えではありません」と表示された商品が、EU諸国に輸出され「遺伝子組み換えです」のシールを貼られて販売されていることがあります。

このような節穴だらけの表示基準では、遺伝子組み換え食品を避けたくても避けられないことから、遺伝子組み換え作物が混入しているかどうか、一般の消費者からの問い合わせが年々増えているそうです。

もちろんそんなことはマスコミなどは取り上げませんが・・・・・・

そんな中、遺伝子組み換え食品はどんなものに潜んでいるのか・・・・ご存知ですか??

例えば、

トウモロコシ

海外産のトウモロコシはほぼCMO。

異性化糖(果糖ブドウ糖液糖)など書いているものはGMOトウモロコシで出来ています。

(これが多くの清涼飲料水の甘い罠・・・・)

なたね

スーパーで売られているサラダ油はほぼ100%GMO。

大豆

納豆も国産を謳いながらGMOが多い。

醤油も味噌も表示義務が無いので安心できる生産者から購入すべき

甜菜大根

砂糖、アステルパームなど

さらには外国産小麦、綿、稲、じゃがいも・・・・・

上記を餌として食べる、牛、豚、鶏などの家畜もしかり・・・・

また、GMO成長ホルモンを注入された酪農製品。

加工食品になればなるほどGMOのような安い食品が入りやすい。

日本で売られているスナック菓子はほぼGMO入りです。

また、粉ミルクも・・・・

コーンスターチって書かれている場合はほぼ100%GMOであると思って良いそうです。

多く含まれている可能性が高い食品

1、お弁当、お惣菜、出来合いのみそ汁、漬物、スナック菓子等。
2、ハンバーグ、ハムなどの食肉加工製品、かまぼこなどの魚肉ねり製品、プロテインパウダーなど。
3、脱脂大豆を主な原材料とするもの。
4、ミックス粉(ケーキミックス、天ぷら粉など)。
6、コーンミールを主な原材料とするもの(パンやケーキなど)。
7、コーンフレークは、遺伝子組み換え義務表示の対象外。
8、とうもろこしをカットし、盛り合わせ野菜として販売されるもの、とうもろこしを乾燥して販売しているもの。

 

9、スナック菓子の詰め合わせ、菓子(ビスケットなど)。
10、冷凍フレンチフライドポテト、冷凍マッシュポテト、乾燥マッシュポテトの素等。
11、乾燥マッシュポテトを使用したベビーフード、ばれいしょでん粉を使用した食品、弁当、惣菜等。

12、ポテトサラダとして販売されるもの、真空パックの焼きいも。
13、アルファルファスプラウト(もやし)のほか、アルファルファを乾燥させて茶にしたもの。
14、てん菜を調理した、てんぷら、チップス等。てん菜を原材料として製造される砂糖については、遺伝子組み換え義務表示の対象外。
15、パパイヤ類(パパイヤ缶詰、漬物、乾燥パパイヤ、ジャム、ピューレ、ジュース、シャーベット、パパイヤ茶(葉を含む)など)。
16、マヨネーズ、マーガリン、揚げ油、ショートニング(ケーキ類、お菓子等)。遺伝子組み換えトウモロコシを使用した油についても、遺伝子組み換え義務表示の対象外。

まだまだ挙げればきりがありませんが、こうしてみてみると、外食のものや工場で作られて売られているものは遺伝子組み換えのものを使われている可能性がとても高いです。
※必ずしもすべての食べ物が当てはまるわけではないと思いますが、注意をしたほうがいい食べ物ですね。

遺伝子組み換え作物が商業的に栽培されてから、まだ10年。この技術が私たちの健康に長期的にどのような影響を与えるのかは、科学的にわかっていません。

最近のアスベスト被害のように、数10年経ってから被害が明らかになったのでは遅すぎます。

ヨーロッパで一般的な「疑わしいものは許可しない」という『予防原則』の考え方が日本でも求められています。

 

みなさんもこの「遺伝子組み換え食品」から波及するものは「経済」や「飢餓」「テロ」「戦争」「災害」「自然破壊」にも繋がると認識して、食の裏に潜む大きな流れを把握できるようにしておきましょう。

スーパーで売られているサラダ油はほぼ100%GMO。

大豆

納豆も国産を謳いながらGMOが多い。

醤油も味噌も表示義務が無いので安心できる生産者から購入すべき

甜菜大根

砂糖、アステルパームなど

さらには外国産小麦、綿、稲、じゃがいも・・・・・

上記を餌として食べる、牛、豚、鶏などの家畜もしかり・・・・

また、GMO成長ホルモンを注入された酪農製品。

加工食品になればなるほどGMOのような安い食品が入りやすい。

日本で売られているスナック菓子はほぼGMO入りです。

また、粉ミルクも・・・・

コーンスターチって書かれている場合はほぼ100%GMOであると思って良いそうです。

多く含まれている可能性が高い食品

1、お弁当、お惣菜、出来合いのみそ汁、漬物、スナック菓子等。
2、ハンバーグ、ハムなどの食肉加工製品、かまぼこなどの魚肉ねり製品、プロテインパウダーなど。
3、脱脂大豆を主な原材料とするもの。
4、ミックス粉(ケーキミックス、天ぷら粉など)。
6、コーンミールを主な原材料とするもの(パンやケーキなど)。
7、コーンフレークは、遺伝子組み換え義務表示の対象外。
8、とうもろこしをカットし、盛り合わせ野菜として販売されるもの、とうもろこしを乾燥して販売しているもの。

9、スナック菓子の詰め合わせ、菓子(ビスケットなど)。
10、冷凍フレンチフライドポテト、冷凍マッシュポテト、乾燥マッシュポテトの素等。
11、乾燥マッシュポテトを使用したベビーフード、ばれいしょでん粉を使用した食品、弁当、惣菜等。
12、ポテトサラダとして販売されるもの、真空パックの焼きいも。
13、アルファルファスプラウト(もやし)のほか、アルファルファを乾燥させて茶にしたもの。
14、てん菜を調理した、てんぷら、チップス等。てん菜を原材料として製造される砂糖については、遺伝子組み換え義務表示の対象外。
15、パパイヤ類(パパイヤ缶詰、漬物、乾燥パパイヤ、ジャム、ピューレ、ジュース、シャーベット、パパイヤ茶(葉を含む)など)。
16、マヨネーズ、マーガリン、揚げ油、ショートニング(ケーキ類、お菓子等)。遺伝子組み換えトウモロコシを使用した油についても、遺伝子組み換え義務表示の対象外。

まだまだ挙げればきりがありませんが、こうしてみてみると、外食のものや工場で作られて売られているものは遺伝子組み換えのものを使われている可能性がとても高いです。
※必ずしもすべての食べ物が当てはまるわけではないと思いますが、注意をしたほうがいい食べ物ですね。

遺伝子組み換え作物が商業的に栽培されてから、まだ10年。この技術が私たちの健康に長期的にどのような影響を与えるのかは、科学的にわかっていません。

最近のアスベスト被害のように、数10年経ってから被害が明らかになったのでは遅すぎます。

ヨーロッパで一般的な「疑わしいものは許可しない」という『予防原則』の考え方が日本でも求められています。

 

みなさんもこの「遺伝子組み換え食品」から波及するものは「経済」や「飢餓」「テロ」「戦争」「災害」「自然破壊」にも繋がると認識して、食の裏に潜む大きな流れを把握できるようにしておきましょう。

 

商品購入

商品購入

-BLOG

Copyright© kimama club 「my農家制度」のキママクラブ , 2019 AllRights Reserved.