kimama club 「my農家制度」のキママクラブ

『my農家制度』とは、生産者から直接“良いもの”を“安く”購入できるシステムです。

BLOG

米ぬかパワー!!!

更新日:

米ぬかに含まれる栄養成分は、体にさまざまな好影響をおよぼします。

米ぬかの成分

imagesCARQFN3O

フィチン酸がん作用・抗腫瘍作用、尿路結石や腎結石の予防、歯垢形成抑制の効果などがあるとされる。イノシトール脂肪肝高脂血症セロトニン異常に起因するうつ病パニック障害強迫神経症に有効とされる研究結果もある。フェルラ酸 米糠に特有である。紫外線吸収、酸化防止機能があり、食品や化粧品に用いられる。 γ-オリザノール 米糠に特有である。コレステロールの吸収を抑える作用、更年期障害などの不定愁訴に効用があるとして医薬品として用いられる。また、紫外線防止のために化粧品に用いられる。食物繊維 ビタミンB1,ビタミンB6, ビタミンE , ミネラル,,マグネシウム,マンガン

便通が良くなり、便の量も増える

米ぬかを食べ始めたためにあらわれる変化の中で最も大きいのが、便通が良くなることです。人によっては1日に2~3回トイレに行くこともありますが、これは下痢ではありません。米ぬかに含まれるダイエタリー・ファイバーが、腸の中をせっせと掃除している為に起こった現象です。
本来ならば、1日3食とれば3回排便するのが理想です。腸内に便がとどまる時間が長くなればなるほど有害物質が発生しやすくなり、ガンなどの病気の要因になることがあるからです。どちらかというと、日本人は大腸がんにかかりにくいといわれていましたが、食生活の欧米化に伴って、最近は大腸がん発生率が増えてきているといいます。
欧米人の食事は脂肪分が多く、ダイエタリー・ファイバーが少ない傾向にあります。そのため、欧米人には便秘人が多いのですがそのことと大腸ガンの発生とは密接な関係にあります。便秘して、腸内に便が長時間とどまっている間に、腐敗菌や発ガン性物質が発生し、腸の壁が悪い影響を受けるからです。その点、米ぬかを食べてダイエタリー・ファイバーを摂取することは、大腸ガンの予防に役立つわけです。

コレストロール値が下がる

ダイエタリー・ファイバーには、コレステロールが体内に吸収されるのを防ぎ、血中のコレステロール値を下げる働きがあります。コレステロールが脳卒中、心筋梗塞、動脈硬化、肥満などさまざまな成人病のもとになっていることは、よく知られていることです。コレステロールと一言でいっても、すべてが悪者というわけではなく、中にはいい作用をするものもあります。ところが、ダイエタリーファイバーには、悪者コレステロールだけを低下させる素晴らしい働きがあります。ダイエタリーファイバーが豊富な米ぬかは、まさに理想的なコレステロール対応食といえるでしょう。

、食べすぎがなくなるのです。これは、特に玄米を食べたときに見られることなのですが、米ぬかでも同じような傾向が見られるようです。これは、食後の腹持ちが良くなるためです。このような状態になれば、肥満はドンドン解消されていきます。

肥満の解消

コレステロール値が下がり、便秘が解消されるだけで、肥満はかなり改善することができます。また、米ぬかに含まれるダイエタリーファイバーは、消化吸収されずにそのまま排出されますが、このときに余分な栄養分も一緒に排出することがあります。動物性たんぱく質や脂肪などを過剰に摂取しがちな人にとっては、好都合です。そのうえ、米ぬか食による良い兆候が出始める頃になると、食べ物の好みにも少しづつ変化が見え始めることがあります。脂っこい物や甘い物を以前ほど必要としなくなったり、食べすぎがなくなるのです。これは、特に玄米を食べたときに見られることなのですが、米ぬかでも同じような傾向が見られるようです。これは、食後の腹持ちが良くなるためです。このような状態になれば、肥満はドンドン解消されていきます。

高血圧を解消する

高血圧は脳出血、心筋梗塞、狭心症、心不全など、命にかかをる病気へつながる恐ろしい症状です。米ぬかは、高血圧改善にも有効だといわれています。米ぬかはコレステロール値を下げる作用があることは先に説明しましたが、血中のコレステロール値が下がると、血圧も自然と下がってくるのです。また、米ぬかに多く含まれるリノール酸にも、血中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。更に、カリュウムが塩分の排出を助けることも、血圧の安定に役立っています。

血糖値を改善する

糖尿病が多いイギリスでは、戦争中、患者が急激に減ったことがありました。これは戦争による食糧事情の悪化で、砂糖や脂肪の消費量が減ったためといわれていますが、「小麦の精白率が下がったことも関係しているのではないか」と考えられたこともありました。 そこで、糖尿病患者にダイエタリー・ファイバーが豊富な食事を与えてみたところ、糖尿病が減ったのです。糖尿病は、時に失明したり、意識不明の昏睡状態になって死亡することもある恐ろしい病気です。現在ではインシュリンや食事療法などが、行き届くようになりましたが、ちょっとした油断も禁物です。ダイアトリー・ファイバーには、余分な糖分の吸収を阻害する働きがあり、これが糖尿病予防や治療になっているのです。

貧血を治す

貧血症状の多くが鉄分不足で起こります。鉄分不足による貧血予防には、レバーやほうれん草などがいいといわれていますが、米ぬかにも鉄分が豊富に含まれていますから、手軽に食べられて効果的です。

自律神経失調症にも効果的

米ぬかにはビタミンBが豊富に含まれていますが、B郡の中のパントテン酸が不足すると、自律神経失調症を招くことがあります。これは、神経の伝達経路にトラブルが発生し、循環器系や消化器系の正常な働きが妨げられる病気です。食欲不振、便秘、下痢など症状はさまざまです。治療が難しく、なかなか決め手となる治療法がありませんが、少なくとも米ぬかや玄米が症状緩和の手助けをしてくれるようです。

若々しさを保つ

米ぬかに含まれるビタミンEには、さまざまな働きがあるといわれています。冷え性や痔、動脈硬化、ガン、糖尿病、肝臓病、更年期障害などさまざまな悪弊から守ってくれます。これは、ビタミンEが血管内の過酸化資質の生成を防ぎ、いつも血管を若々しく保つためなのです。更に、ビタミンEには、血行をよくして、過酸化脂質を取り去る働きもあります。血管内の過酸化脂質が増えると血圧が上がり、老化が進んでしまいますがこうしたことを防いでくれるのです。

米ぬかの成分が痴呆症

米ぬかから抽出された天然のポリフェノールのフェルラ酸に、アルツハイマー病患者の認知機能の低下を抑える効果がある、という臨床試験結果が26日、和歌山市であった国際シンポジウム「コメと疾病予防」で発表された。

 ということで米ぬかには栄養成分がいっぱいですよ~~ぬか漬けもしかり、、、是非人口サプリでなく天然のサプリとして摂取したいですね^^

 

商品購入

商品購入

-BLOG

Copyright© kimama club 「my農家制度」のキママクラブ , 2019 AllRights Reserved.