kimama club 「my農家制度」のキママクラブ

『my農家制度』とは、生産者から直接“良いもの”を“安く”購入できるシステムです。

BLOG

子供の成長を阻害する悪魔

更新日:

娘(3歳)はとってもとっても食べるのが大好き^^

すごい食べるので、「戦時中の子」とか「ブラックホール(胃が・・・)」とか、「10人兄弟の末っ子」とか

「フードファイター」って呼んでいます。

死んでもおなかいっぱいという言葉は口にしません。。。。。

(夏風邪後はさすがに食べなかったけど)

そんな娘は台所が大好き。

いっつも台所に来て

「これなに?」 「これ今日食べると?」 「見せて!!」

と興味津々。

そんな中、私も食育のお仕事をしているため、できるだけ早くお料理を教えたいな~という気持ちが

沸いてきました。

そして去年くらいに娘用の包丁を購入。

最初は色々切ってもらっていました^^

すごく不細工な野菜でも娘が切るといつもの食欲にプラスアルファで食欲が増し、おいしい~とか

よく切れたね~とかってとっても楽しい食卓を囲んでの食事を楽しめていました。

でもでも。。。

だんだんその機会も減り、最近は全く使わないようになっていました。

それどころか、台所に来る娘に対して、

「ちょっと今ご飯作りようけんあっちいっとって~」

「あ~それ触らんで~」

「あ!!ブロックで遊んだら??」

とか・・・・・・・・

面倒臭いって思っちゃうようになったんですね・・・・

自分がしたほうが早いから。

育休中で時間はたっぷりあるのに・・・・・・・・

・・・・・

子どもの成長は見る、聞く、真似する、だということは分かっていました。

分かっていたのに、最近ある本でその言葉が書いてあって改めて読んで、愕然・・・・・・

見ること も、聞かせること も、真似すること  もできないようにしていたのは実の母親・・・・

私だったんです。

がび~~~~ん(死語)

切らせるのが面倒なら、ただ横に立たせてお料理の様子を見せればいいし

献立の料理の手順を聞かせても良かった。

その様子を見よう見真似でおままごとさせてもよかった。。。。

子どもの成長を阻害していたのは私だったんだ~

そして子どもが母親に気を使ってどんどん台所に来なくなる。

そして何かのときは

「何にもできないのね!!」

なんて言葉を言うであろう。。。。

死ぬほど情けない・・・・・・

何でもさせないとできないから自由にさせるのが私の子育てのモットーだったのに。

一番大切だと分かっているからこそ仕事・活動にした「食」を一番大切なわが子へは遠ざけていたことに

心から反省。。。。。

今後は包丁を買い与えたときの気持ちに戻って「家族に作らねばならない」食事でなく「何となく家族

みんなで楽しい」食事に移行していこうと感じました^^

子育てで親育て・・・・まさにその通りだ~~~

ありがとうございました♪

2015.2 011

 

商品購入

商品購入

-BLOG

Copyright© kimama club 「my農家制度」のキママクラブ , 2019 AllRights Reserved.