kimama club 「my農家制度」のキママクラブ

『my農家制度』とは、生産者から直接“良いもの”を“安く”購入できるシステムです。

BLOG

元禄時代以前の日本食…

更新日:

先日の講演会で大変勉強になるお話を聞けました。

マクガバンレポートというアメリカの食のレポートで元禄時代以前の日本食が最も健康に良いと報告されたとのことだったのです。

マクガバン・レポートについて、簡単に説明しておきます。

1977年、当時アメリカでは医療費が増大し、財政的危機にありました。

「こんなに医療にお金を掛けているのに、どうして病気の人が減らないんだ」

と、当時のフォード大統領は言うわけです。

そして大統領の命を受け、アメリカ上院栄養問題特別委員会が、慢性病と食事との関係について世界的に調査し、いっこうに病人が減らない理由、医療費が下がらない理由を突き止めました。

それがマクガバン・レポートなのですが、マクガバンというのは同委員会の委員長の名前です。

このマクガバンは、当時副大統領候補に推されるほどの有望な政治家でしたが、委員長に任命されたお陰で、その政治生命は絶たれてしまったそうです。なぜでしょうか?

「現代医療は手術や薬に偏り過ぎていて、栄養的な視点が欠如している片目の医療だ!」
「肉食中心の、誤った食生活をしているから、病気になるんだ!食源病だ!」

と、そのレポートには、そんなことが書かれていたのです。

全米医学界、畜産業界がだまっているわけありませんね。

残念ながら、マクガバンは翌年の副大統領選に、落選してしまったのでした。

実はそのレポートには、穀類を主食として豆類、野菜、海草、それに小魚や貝類を少量添える、「元禄時代以前の日本の食事」、和食こそが、人類の理想食であると書かれています。

「なぜ元禄時代以前?」・・・理由は元禄時代に精米技術が発達し、白米を食べるようになったからです。

その結果、「江戸わずらい」すなわち、脚気が大流行したという話が歴史に残っています。

お米は精白することで、胚芽に含まれるビタミン、酵素、ミネラル、食物繊維といった貴重な栄養素が無くなってしまいます。ですから、栄養的に優れている玄米を主食にしていた頃の和食が、理想的な食事というわけです。

玄米の栄養素を100とすると白米には5%の栄養しか残っていないのです。

そのくらい玄米というのは栄養豊富なものなのです。

なので日本人はとてもエコだそうです。

なぜって??

玄米を食べていれば元気に生活できるような遺伝子があるから・・・・

なのでたくさんのものを食べなくても玄米とお味噌汁、漬物、納豆、梅干し、海藻、小魚・・・そのくらいでちゃんと元気に活動できるような仕組みになっているのです^^

白米も美味しいけれど是非玄米を食べる習慣を身に着けてみてください^^

美味しいお米を食べればたくさんのおかずはいらないですよね^^

私達はすごく恵まれた国に生まれたんだと日々感じます。

日本食を食べれることに感謝してこの日本食を守っていくべく、伝統食作りや無農薬や良いものを良心的な値段で販売する活動を続けていきたいと思います。

 

商品購入

商品購入

-BLOG

Copyright© kimama club 「my農家制度」のキママクラブ , 2019 AllRights Reserved.