kimama club 「my農家制度」のキママクラブ

『my農家制度』とは、生産者から直接“良いもの”を“安く”購入できるシステムです。

BLOG

フードアクションニッポン

更新日:

今回はフードアクションニッポンというテーマです

音譜

知ってる人もいますよね??



食料自給率が先進国中で最下位意レベルの日本。



政府はこの状況を打破すべく国を挙げてさまざまな対策を行い、私たち消費者も自給率アップの



ためにアクションを起こすよう求めている運動です

!!

フードアクションニッポンが提唱する5つのアクションは

ベル
ベル
ベル
ベル

1 「今が旬」の食べ物を選ぶ



「旬」の農産物は最も適した時期に無理なく作られているので余分な手間や燃料などを必要としない。味もよく、栄養もたっぷりで身体にも環境にも優しい食事が実現する。



↑そうですよね・・

冬にきゅうりやトマトを食べるのが一般的になったけど、それらの夏野菜ができるのってすんごいハウスに暖房に・・・・って全くエコではないですよね

得意げ

2 地元で採れる食材を日々の食事に活かす



私たちが住んでいる土地にはその風土や環境に適した農産物が育つ。身近で取れた農産物は新鮮。一人ひとりが地元で取れる食材を選ぶことが地域の農業を応援することになる。(地元農業の応援はもちろん国産農産物の応援となる)



↑ですね^^

簡単じゃん~~~って思いますよね??

でもでもカボチャとかどこ産買ってます??

ニュージーランドじゃないですか??

逆に日本産のカボチャって少ないし高いんですよね。

そして味付けや煮つけが難しい場合がありますよね。

確かにニュージーランドはTPP提案国であり、大農業国で自給率300%というすごい国ですし、美味しい野菜が大量に安く提供できる国ですが輸入物の野菜はポストハーベストなどたくさんの薬剤を散布されている可能性がありますよ~

ドンッ

値段が100円程度高いことで海外産を選ぶのは日本の農家の方の所得をどう思っているのだろう・・と感じてしまいますね。



3 ごはんを中心に、野菜をたっぷり使ったバランスの良い食事を心がける



油のとりすぎはさまざまな生活習慣病を引き起こす原因にもなっている。

ご飯を中心にやさいをたっぷり使ったバランスの良い食事を心がけよう



↑これも当たり前??ですね。

お米食べてるよ~~と皆さんお思いでしょうけど、お米の一人当たりの消費量はこの50年で

緩やかではあるがほぼ一貫して減少です。1965年と2010年を比較すると111.7キロから

59.9キロまで減少しています。

普段の食卓はご飯よりおかずが多くないですか??

穀物無しダイエットとかはやりましたよね

あせる

本当に良い穀物(玄米や雑穀含むなど)を食べると太ることは通常考えられませんね

合格

4 食べ残しを減らす



開発途上国で飢餓が問題となっている中、日本では食料を大量に輸入して大量に捨てている。

この現状を踏まえ、家庭においても食品の無駄な廃棄、食べ残しを減らそう。(食料の無駄を減らすことは食糧輸入を少なくすることにも繋がる)



↑まさにその通りですよね。

フードマイレージ世界一の日本。

食品廃棄量世界一の日本。



飲食店でお仕事されている方はご存知かと思いますが手付かずのものを廃棄することは全くの

日常となっているようです。

日本にしかない「もったいない」という言葉。。。。大切にしたいですね。



5 自給率向上を図るさまざまな取り組みを知り、試し、応援する



米粉を使ったパン、麺など新しいメニュー、国産飼料を使った牛、豚、鶏などの飼育、地産地消地域ブランド、直接契約による生産などのさまざまな試みを知り、ためしに味わってみるなど応援しよう



↑これもまさに・・・・(ってそればっかり^^:)



小麦粉は日本での生産量の何倍もの量をアメリカから輸入していますよ。

そこまでして小麦を食べないといけないのか・・・

それならたくさんある素晴らしいお米を使って同じものを作れば安くて美味しい、そして私たちの身体に合った(消化しやすい)ものができますね

ラブラブ

家畜飼料も海外産だと遺伝仕組み変えの危険が8割以上ですよ。。。

遺伝子組み換えを直接接種しなくとも、日々摂取するのであれば人体への影響は間違いなくあります。





5つのテーマ・・・・簡単でした??

1人の行動なんかでは何も変わらないでしょ~~とお思いの方も多いかと思いますが、1人の行動が小さいところでは地元の農家さんや、地域や経済、大きいところでは政治まで変えていく大きな原動力です



私なんて・・・でなく私くらい頑張ろう!精神で日々の生活にちょっと気をつけてみません

 

商品購入

商品購入

-BLOG

Copyright© kimama club 「my農家制度」のキママクラブ , 2019 AllRights Reserved.