kimama club 「my農家制度」のキママクラブ

『my農家制度』とは、生産者から直接“良いもの”を“安く”購入できるシステムです。

BLOG

すごすぎる!!!旬の大根!!

更新日:

大根だらけ料理┥

大根だらけのお料理を紹介します^^

 

今お野菜の注文を取りまとめていますが、大根の注文が皆さん少ないように感じていて・・・・

 

うちは常に大根でお料理が完成するので是非旬のものを旬に大量に摂取できるありがたさを知り、レパートリーを増やしましょう^^

 

うちの子が通う保育園では冬でもキュウリとか普通に出ます・・・・

 

そういうことを考えればやはり旬のものをたくさん食べるほうが理にかなっていると感じます!!

 

(だって今キュウリ作るってことはハウスで暖房ガンガンつけて作ってるってことでしょう??エコではないよね!)

 

┨大根サラダ 大根頭の方2分の1本 大根葉適量

 

大根をうすくスライスしてそれを千切りに。千切りにした大根にお塩か塩麹で揉み、水抜きします。1日くらい置くとすごいおいしいです。その大根をぎゅっと搾って水分を切り、お酢、みりん、お醤油で味付けしてできあがりです。ゆずの皮を一緒に入れて揉んでいても彩りもきれいです^^ マヨネーズも美味しいそうです。

 

 ┨大根ステーキ 大根好きなだけ(足の方は辛味が強いので他のお料理に使う)  醤油 本みりん

 

大根を5センチくらいの輪切りにします。(無農薬なので皮はむかないほうが栄養は高いです)

 

切った大根に裏表どちらにも隠し包丁をするか十の字の切れ目を入れ、胡椒、塩をします。

 

一旦圧力鍋か蒸し器で柔らかくなるまで蒸し、フライパンに大目の油をひいてニンニクを炒めます。

 

その大根を入れて炒めてこんがり色が付いたらお醤油とみりんを1対1にまぜて投入!

 

ちょっと煮詰めて出来上がりです^^

 

┨大根葉の漬物

 

大根葉をみじん切りにしてざるに入れ塩で揉む。ざるに入れた大根葉を手で揉んで水気を切ってビニール袋に入れて空気を抜いて1日2日冷蔵庫で保管。水気を切って鰹節とあえて完成。お好みでお醤油やオイルをかけてご飯と一緒に食べてください^^

 

┨大根のキンピラ 大根と人参その他お野菜何でもOK

 

大根と人参を千切りにしてオイルでニンニクを炒めます。香りがたったら大根人参を入れて炒めます。柔らかくなったらすりゴマを入れます。そこにナンプラーを入れてさらに炒めて出来上がり。簡単すぎです(笑)

 

┨大根の漬物 大根頭の方 ゆず 味噌 水あめ

 

大根をいちょう切りにして塩もみします。ゆずの皮も千切りにして一緒に揉む。その大根を1日くらい置いておき、再度水を切ります。そこにお味噌と水あめを混ぜた水あめ味噌を混ぜて完成!簡単!!

 

┨大根葉のお焼き

 

大根葉や大根の足の辛い方を小さく角切りにして、塩をして水抜きします。それに地粉とお水を混ぜ、フライパンで小さなお焼きを作ります^^味が淡白すぎるならイリコやゴマ、酒かす、おから、味噌などを混ぜてもおいしいです^^たれはポン酢などで^^子供のおやつに最適です!!大人はゆず胡椒などで食べればお酒のお供になります^^

 

その他、大根チャーハン、大根カレーや大根ハンバーグ大根つみれ・・・とにかく今の季節はたまねぎのように何にでも大根を入れましょう^^使えなさそうな時は切って外に干しましょう♪

 

冬野菜のように水分が多いものは先に塩と常在菌たっぷりの母の手で混ぜると栄養価を失うことなく不要な水分だけが抜け、美味しく食べることが出来ます^^冬は白菜もカブも大根も何でも塩もみして食べましょう┯大根干場湯(ダイコンヒバユ)といって干した大根の葉をお風呂に入れたり、腰湯すると、不妊症や冷え性にも良いとされています^^(買ったら高いので是非自分で作りましょう)

 

旬のものを旬の時期に!大根の根にはビタミンCやデンプン消化酵素(ジアスターゼ)が多く含まれています。また、カラシ油などの辛味成分も含まれており、壊血病の予防や消化、刺激、去痰、緩下などの作用もあります。
また葉には、ビタミンA・Cと、ごく少量の精油がふくまれていて、食用のほか補温性の浴剤とされます。種にも精油や脂肪油がふくまれ、漢方では去痰、利胆剤にも利用されています。

 

商品購入

商品購入

-BLOG

Copyright© kimama club 「my農家制度」のキママクラブ , 2019 AllRights Reserved.